歯の診察

虫歯と矯正治療

口をあける男性患者

虫歯はかなり身近な口内トラブルです。
初期虫歯であれば歯の再石灰化で虫歯が治ることがありますが、進行してしまった虫歯を直す方法は歯科での治療のみとなってしまいます。
しかし、多くの子どもは歯科に行くことをかなり嫌がります。
大人でも歯科が苦手だという方も少なくありません。進行している虫歯を放置すると歯の痛みを共ない、最終的には歯を失ってしまうのです。
多くの虫歯の場合歯をうしなうような大きな虫歯になってしまった場合は根本の方にも膿などが溜まっている状態なので、歯の根っこの治療が必要になってくる場合が殆どです。
このような自体にならないためにもしっかりと口内の環境をコントロールする必要があります。

最近では、多くの方が利用することが出来るようになった歯の矯正治療ですが、一昔前までは子どもが受ける治療だという認識が強かったようです。
大人の方も受けることが出来る治療でしたが、大人の方は仕事などの都合でなかなか治療を受けられないのが現状でした。
しかし、歯の矯正期間でもブラケットやワイヤーが目立たない様な器具も増えた上に、インプラントを利用した矯正治療などが受けられる様になったので、大人の方でもかなり気軽に矯正歯科で治療を受けられる様になりました。
矯正は虫歯のようにすぐに治療が必要だという例は少ないですが、美しい歯並びや正しい噛み合わせを目指すために必要なこととなっています。
特に、不正咬合があまりにもひどい場合は顔全体のバランスが崩れてしまったり、口元が歪んでしまったりするような自体になってしまうので、歯の矯正はとても大切なことだということを理解しましょう。
顔のパーツが歪んでしまう場合はかなり多くの方がコンプレックスを抱えていることが多いので、矯正治療を受けることが出来ればコンプレックスを解消することが出来ます。

ブラケットなどの器具を歯に着用して治療を行なう一般的な治療方法を取る場合は器具が歯を磨くことをかなり邪魔してしまいます。
このような場合はそのまま磨き残しが蓄積してしまうので虫歯に発展してしまう場合が高くなってしまいます。
矯正期間は一般的に二年という長い時間、器具を装着して過ごすので、しっかりと器具と付き合っていかなくてはいけません。
矯正治療を行なっているので矯正期間が終わったら虫歯の治療を行なわなければならないということになってしまわないように、矯正期間中でもしっかりと歯を磨ける様な専用の歯ブラシを使用しましょう。
矯正期間専用の歯ブラシはブラシの部分が通常使用する歯ブラシよりもデコボコしているのでキチンと器具で届かないであろう部分もしっかりと磨くことが出来るのです。
このように、矯正期間中は様々な注意が必要になってくるので口内の管理はキチンと行ないましょう。

矯正する場合

相談する男性患者1

矯正歯科で治療行なうことになった場合、治療期間や治療を行なう際にどの程度通院するのかというのを把握しておくことによって初めての矯正治療でも不安に思わないようにしておきましょう。

矯正治療の種類

歯の治療中2

現在、矯正歯科医院で治療を受ける際に選択出来る治療方法は様々です。元来から使用されている治療方法はもっとも有名な金属ブラケットですが、近年ではクリアカラーの目立たないものや、マウスピースなどを利用した矯正も可能です。

いい矯正歯科医院

治療後の歯医者と患者

いい歯科医院は、矯正の経験が豊富な歯科医がいるかどうか、待た、治療前にどのような方法で治療を進めていくかなどの説明と料金をしっかりと行なってくれる矯正歯科医院はいい歯科であると言えます。

費用とローン支払い

インプラント

費用はおよそ80万円となっていて、けして気軽に矯正治療を受けられる金額ではありません。しかし、現在では矯正歯科医院でもローン支払いが行える様になっていてとても便利になっています。